虫取り

虫取り

夏が近くなってきました。
まだまだ梅雨明けはしていませんが、この時期になってくると毎年恒例、息子の虫取り病が発病します。
もちろん虫といってもなんでもいいわけではないんです。

 

理想はカブトムシかクワガタ。
カナブン、カミキリムシ、トンボ、バッタでもOKといった感じで。
自宅の近くに雑木林でもあれば採れるかもしれないけど、住宅街なので無理・・・。
暇さえあれば虫かごと網を持って出かける息子。
近所でカナブンとバッタはゲットしてきたようで虫かごに入っていました。

 

先日、実家の父が孫のために特大のカミキリムシを捕まえてきてくれました。
うちよりは自然があるので、たまたま見つけて捕まえておいてくれたんですね。
これが、またとにかくデカい。欲しいといった息子ですら触れない(笑)
虫嫌いの私は姿を直視することもできない(笑)

 

でも、やっぱりカブトムシかクワガタが欲しいらしく、カミキリムシを持ってきてくれたおじいちゃんに「今度はカブトかクワね!」と催促してました。
孫に甘いじいちゃんは、職場の朝礼でどうどうと「うちの孫がカブトムシかクワガタが欲しいと言っているので、見つけたら捕まえて持ってきてください!」と命令?
結果、小さいけどカブトムシをゲットすることができました。
息子は喜んでいるけど、じいちゃん、それは職権乱用では(笑)