夫は帰宅するとテーブルに携帯電話を置きっぱなしの人でしたが、隠すようになったので、ぶっちゃけ浮気かなと思い当たり、暗い気分になってしまいました。知り合いかそうでないのか確かめようと、ケータイチェックを試みたものの、ロックしてあって、何も得ることができませんでした。泥沼は嫌なので、これは探偵の出番かとも思うのですが、妻のお金の出どころって旦那なんですよね。どうしたらよいのか、二の足を踏んでいます。不倫の調査を探偵にしてもらうと、ときどき別途、代金を請求されるというケースがあるようです。驚いたり不審に思う前に、契約時にもらった書類に目を通してみましょう。オプション発生時の条件が記載されているでしょう。そういった理由からも、契約書をじっくりと読んで理解しておくべきでしょう。説明を聞いてもわからなかったりしたら、契約書にサインする前にしっかり確認するのもおろそかにしてはなりません。自分でいろいろするよりは、浮気調査は経験豊富な探偵に頼んだほうがいいでしょう。探偵に依頼すると、浮気の証拠をちゃんとつかんでくれます。自分が浮気の証拠をつかもうと調べてみても、浮気している事実くらいならすぐにわかります。しかし、相手に問い詰めても頑として浮気してない、と言い張ったら、有利な条件を引き出して離婚することは不可能です。そのため、確実な証拠というものが必要になります。浮気に関する調査を成功報酬で探偵事務所に依頼したら損することは無いかと言いますとそうでない場合にも遭遇します。成功報酬ならば一般的な感覚としては不成功な結果となった場合、報酬支払いの義務がなくなるので依頼者から考えると得ではないかと思うのです。したがって、成功報酬の探偵事務所に特定して、見つけている人もいるのです。結婚している相方が、浮気しているときでも今後も、パートナーであり続けたいのなら浮気している現場に直接行くことは避けましょう。パートナーを裏切ったことがバレた途端に相方が、ひどく感情的になってしまい、かえって、離婚という結果を招いてしまうこともありえます。それだけでなく、あなたのパートナーと通じていた相手と言葉を交わしてしまうと精神的に、耐え難い苦痛を味わうこともあります。探偵を頼むには、まず、電話で相談します。心配なら非表示でかけるのもOKです。電話でスタッフと話してみて、その上で詳細な話をするとなれば、事業所へ行くという運びになります。その場で打ち合わせをして信頼できる会社だと思ったら契約を締結し、そこでようやく、本当の調査が始まるのです。探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。実費とは具体的には交通費や写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査の際の食費が上乗せされることもあるかもしれません。そして、時間給とは、何人で何時間調査したかで、算出した費用です。調査にかかる時間が短いほど請求金額も少ないです。興信所や探偵業者は無料相談電話ではありませんので、依頼する際には費用が発生します。同じ調査でも調査員の業務内容により、支払い額が変わってきます。素行調査ひとつとっても、場合によっては長時間、長期間かかるかもしれません。日時をどのように区切って依頼するかによって料金は変わりますので、調査を行う時間が長ければ、費用も多く見込まなければいけません。普段の生活にも、不倫を見分けるツボというのがあります。ただストレートに聞いてみるだけでいいのです。大抵の人間はウソをつくとき、妙にてきぱきと答えたがるので、そこを見ます。だから質問は簡単なほうが良いのです。短い質問なら簡単に答えれば良いのに、どんどん話を付け足していくのは怪しさ満点です。心に負い目があると、黙って様子を見られるのが怖いあまり、よく喋るみたいです。目を合わせて話をしていると、やたらと目線を泳がすのでもすぐ判別がつきます。費用を節約して浮気調査をするには、できる限り事前に自分で調査をすることでしょう。難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、実際そんなことはないのです。何をすればいいかというと、パートナーの毎日の行動を記録するだけで良いだけです。毎日、仕事に出る時間、帰ってくる時間、電話で誰かと通話していれば、掛ってきた時間と通話時間も忘れずに記録しておくようにしましょう。